ファッション

第72回カンヌ国際映画祭 エル・ファニングの可憐な着こなし10連発

 「ベルリン国際映画祭(Internationale Filmfestspiele Berlin)」「ヴェネツィア国際映画祭(Mostra Internazionale d’Arte Cinematografica)」と合わせて世界三大映画祭と呼ばれる「カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)」が5月14〜25日、仏カンヌで開催された。世界中の女優やセレブリティーがレッドカーペットを彩った中、特に話題をさらったのは弱冠21歳で審査員を務めた米国人女優のエル・ファニング(Elle Fanning)だ。

 初日の会見では「ディオール(DIOR)」のブラウスとキュロットパンツを軽やかに着こなし、夜はウエストに花があしらわれた「グッチ(GUCCI)」の衣装へと華麗にドレスアップ。それ以降も、胸元が大きく開いた「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の花柄ドレスや「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」の鮮やかなピンクドレス、シフォンのブラウスとスカートにつばの広い女優帽を合わせて古き良きハリウッドを想起させた「ディオール」の衣装など、ガーリーからセクシー、クラシカルまで実に多彩なテイストで来場者の関心を引き続けた。

 そのほか、クロエ・セヴィニー(Chloe Sevigny)やマーゴット・ロビー(Margot Robbie)、ウィニー・ハーロウ(Winnie Harlow)、ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)、ティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)、セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)ら多数のセレブが自慢の衣装を披露。日本からは「ディオール」を着用した水原希子が登場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら