ファッション

【平成プレイバック】 ジュンの佐々木進社長が振り返る「服の値段」

 平成はあらゆる商品の価格が下がりましたが、下げ幅でいえば服が一番ではないでしょうか。実感としては半分、いや3分の1くらい。6万円だったスーツが、2万円くらいでそこそこのものが手に入るようになった。情報や生産地が地球規模で拡大した全体構造の中の必然でした。半導体のように価格の変動が一気に起こるのではなく、服は20年近い年月をかけてじわじわと下がりました。ゆでガエルの理論で、気づいたときにはもう遅い。幸いジュンは昨年創業60周年を迎えられたわけですが、先手先手で大胆に対応することが重要だと痛感しています。

佐々木進社長:1965年生まれ。アメリカ留学後、四方義朗氏が率いるサル・インターナショナルで国内外のファッションショーの演出や選曲に携わる。89年ジュンに入社。「アダム エ ロペ」ほか、「A.P.C.」のオンリーショップなども立ち上げる。98年常務に就任。2000年9月から現職

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。