ビューティ

「ぜったいきれいになってやる」「私脱いでもスゴイんです」 TBCの平成テレビCMを振り返る

 エステティックのTBCは、平成の31年間で実に100本以上のテレビCMをオンエアした。同社のテレビCMは、社会の変化、男女の意識の変化などその時代を反映し、オンエア当時にキャッチコピーやセリフが流行語になったことでも知られている。ここでは、中でも特に話題となった3本の懐かしのCMを紹介する。

 平成4(1992)年にオンエアした“ぜったいきれいになってやる”編。タレントの坂井真紀が出演し、ストーリーは失恋をした女の子が、新たな自分に生まれ変わる決意を一人きりになった部屋で言葉にするというもの。部屋のカーテンに失恋の気持ちをぶつけるシーンや、「ぜったいきれいになってやる」というセリフ、そしてバックに流れる竹内まりやの曲「元気を出して」などが多くの女性の共感を呼んだ。

 平成7(95)年にオンエアした“私脱いでもスゴイんです”編。モデルの北浦共笑が出演し、高圧的でステレオタイプの面接官と対峙する。北浦が演じる面接を受けに来た女性は、ただのか弱い女性ではなく、たくましく社会を生きる女性だった。時代の女性像を心地よく痛快に表現し、意表を突いた決めのセリフ「私脱いでもスゴイんです」は多くの女性の支持を集めた。

 平成9(97)年にオンエアした“キレイになるのがTBC”編。スーパーモデルのナオミ・キャンベルが出演し、父の反対を押し切ってエステに行った“なおみ”が“ナオミ”になって帰ってくるというストーリー。スーパーモデルブーム、セレブブームを背景としたキャスティングの妙によって、今よりもまだ認知度が低かったエステティックの存在を、「ナオミよー」のセリフとともに世の中に大きくアピールしたCMだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。