ファッション

アラフォー世代が取り入れたい2019-20年秋冬トレンド パート2 「セットアップ」

 2019-20年秋冬にアラフォー世代が取り入れたいアイテム“キュロット”に続き、ぜひおすすめしたいのはセットアップです。パート1で、「数シーズン前のストリートブームからスポーツへ、そして次の2019-20年秋冬は、クラシックを現代にアップデートした“ニュークラシック”が大きな潮流になりそうです」と書きましたが、その流れを受けて、ジャケットにパンツやスカートを合わせるスーツスタイルの“セットアップ“がトレンドに浮上しそうです。実は2019年春夏シーズンでもジャケットがランウエイにたくさん登場していましたが、春夏にジャケットは暑いということもあり、秋冬がまさに大本命の予感です。

 「マイケル・コース コレクション(MICHAKEL KORS COLLECTION)」はクラシカルな柄のジャケットとパンツスーツに合わせてレトロなシャツ&スカーフを合わせおり、今シーズンのセットアップを象徴するようなスタイルです。クロップ丈のパンツとプラットフォームシューズを合わせることで少しフレッシュな印象になります。中に着たシャツをプレーンな柄のボウタイブラウスにすると、よりリアルに落としこめそうです。レトロ調で言えば、“キュロット スタイル”でも紹介した「セリーヌ(CELINE)」も参考にしたいスタイル。サングラスや帽子、アクセサリー使いで全体を少しシャープにすることがポイントです。それらがあるとないとでは全体の印象がもっさりしてしまうか、モードな着こなしになるかが変わってくるので重要です。

 変化球のセットアップとしては「ザ ロウ(THE ROW)」のような、シンプルでありながら少々主張のあるデザインもおすすめです。「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」も同様にパンツがミリタリー風になっています。この両ブランドもウエストをシェイプしているので、一見メンズライクですが、フェミニンさを残しているのが素敵ですね。さらに、すぐに取り入れられそうなのが「ジャックムス(JACQUEMUS)」。気負わずに着られて、かつシックでエレガント。着心地もよさそうです。余裕を感じさせて、まさにアラフォー世代にぴったり。ぜひこの秋冬は自分に似合うセットアップスタイルを見つけてくださいね。

2019-20年秋冬トレンドをもっと見る

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら