ファッション

アラフォー世代が取り入れたい2019-20年秋冬トレンド パート1「キュロット」

 ウィメンズのトレンドは、数シーズン前のストリートブームからスポーツへ、そして次の2019-20年秋冬は、クラシックを現代にアップデートした“ニュークラシック”が大きな潮流になりそうです。クラシックということで、上品なスタイルのトレンドはアラフォー世代にも取り入れやすそう。秋冬シーズンは、レイヤードや重ね着と、より“クラシックスタイル”を楽しめること間違いなし!そこで一足早くアラフォー世代に次の秋冬シーズンのおすすめスタイルを紹介。

 まずは何と言ってもキュロット。“キュロット”と聞いて懐かしいと思う人も多いのでは。数年前に流行した“ガウチョ”やスカートとパンツを掛け合わせた “スカンツ”も記憶に新しいですが、あらためてキュロットとは「全体にゆったりとして、外見上はスカートに見える半ズボン」のこと。多くのブランドでこの“キュロット”がランウエイに登場していましたが、とくにエディ・スリマン(Hedi Slimane)による「セリーヌ(CELINE)」では、これでもか!というほどキュロットが豊作。いわゆるベーシックなウールのチェック柄から始まり、キラキラ加工やプリーツ加工などさまざまです。

 キュロットにトップスで合わせたいのは王道クラシックのボウタイブラウスです。今シーズンはボウ(リボン)の部分が大きいのがポイント。ボウタイのみならず、スカーフをリボン風に巻くのも参考にしたいスタイル。エディは、ブラウスに合わせるカーディガンやジャケットをキラキラさせたり、ティアドロップ型サングラスをかけたりと、クラシックにエディの得意なロックテイストをプラス。ベースボールジャケットを合わせてちょっとカジュアルダウンするスタイルも真似してみたいスタイル。そして足もとはしばらくトレンドに浮上してこなかったロングブーツが多く登場しています。キュロットの相性も良く多くのブランドから出ており、今あらためて新鮮に映ります。クラシックを仕上げるアイテムとして、久しぶりに来そうな予感です。

 「ジャックムス(JACQUEMUS)」「トッズ(TOD’S)はキュロットをレザー素材にしてアップデート。同じ色で統一する“トーン・オン・トーン”でさらに上品に仕上げているポイント。「コム デ ギャルソン(COMME DES GARSONS)」は、プリント柄だがモノトーンにすることでシックにまとまっている。大人のキュロットスタイルとして参考になりそうですね。

2019-20年秋冬トレンドをもっと見る

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら