ファッション

写真家・鈴木親が個展「わたしの、東京」を天王洲で開催

 国内外で活躍する写真家の鈴木親が、個展「わたしの、東京」を東京・天王洲のギャラリーKOSAKU KANECHIKAで開催する。会期は4月20日〜6月1日で、入場は無料。

 本展では、「シャネル(CHANEL)」をまとう小松菜奈や「セリーヌ(CELINE)」の青いドレスが映える福島リラ、六本木の交差点に佇むモデルのUTAらを捉えたポートレートと東京の風景に加え、鈴木親が長年撮り続ける対象の一つである花の作品も展示。約25点の作品は全てフィルムカメラで撮影され、その多くがミディアム・フォーマットやポジフィルムによるものだ。

 鈴木親は1972年生まれ。98年に渡仏し、ファッション・カルチャー誌「パープル(Purple)」で写真家としてのキャリアをスタート。以降、国内外の雑誌から「トーガ(TOGA)」や「グッチ(GUCCI)」「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」をはじめとしたブランドの広告まで数多く手がけており、ファッション写真界をけん引する写真家の1人。

■わたしの、東京
会期:4月20日〜6月1日
時間:11:00〜18:00 ※金曜日のみ11:00〜20:00
休廊日:日・月・祝日
場所:KOSAKU KANECHIKA
住所:東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5階
入場料:無料

■わたしの、東京 オープニングレセプション
会期:4月20日
時間:18:00〜20:00
場所:KOSAKU KANECHIKA
住所:東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5階
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。