ニュース

平成最後の花金に「ホテルシーオオサカ」でファッションガラ ドレスコードは“思い出の服”

 「ホテルシー(HOTEL SHE,)」を運営するL&Gグローバルビジネスの龍崎翔子・取締役兼ホテルプロデューサーと「レベッカ ブティック(LEBECCA BOUTIQUE)」の赤澤えるブランド総合ディレクターは4月26日、“思い出の服の祭典”と称するイベント「インスタント ガラ(INSTANT GALA)」を大阪・弁天町の「ホテルシーオオサカ」で開催する。ドレスコードは“思い出の服”。イベントを通して、服を“SNSに載せたら終わり”の時代に新しい価値のあるファッションを提案する。昨年4月に東京・渋谷のWWW Xで行った第1回目には約250人が訪れ、今回が2回目の開催となる。

 イベントではインフルエンサーたちが持ち寄った“思い出の服”のフリーマーケットを開くほか、バンドグループ、フレンズでボーカルを務めるおかもとえみや、関西でリポーターやDJとして活動する高樹リサらミレニアル世代に支持されるアーティストたちがライブを行う。また裏テーマを“平成最後の花金”とし、会場にはテーマに沿った世界観を演出するコンセプトルームを設ける。“平成に流行したファッションを振り返ることが出来る雑誌のライブラリールーム”など全4部屋を用意する。イベントは2部制で、入場料はそれぞれ4000円(税込)。宿泊を含めたチケットプラン(2万5000円~)も用意する。

 龍崎は「ホテルはメディアだと思う。消費サイクルが早まる社会の中で、思い出の服を手に取り、思いをはせる時間を世に届けたい」とコメント。赤澤は「『本当に愛される服っていったいどんな服だろう』の答えを探す日々の中で『インスタント ガラ』の実現を決意した。このイベントが、何かを大切にすることの素晴らしさと出会うきっかけになることを願ってやまない」と語った。

 会場となる「ホテルシーオオサカ」は龍崎の監修のもと、2017年9月に開業。ホテルの定義を覆すようなさまざまな企画やイベントを行っている。また赤澤がディレクターを務める「レベッカ ブティック」は、ストライプインターナショナルが運営するビンテージセレクトショップで、ラフォーレ原宿の4階に店を構える。

■instant GALA × HOTEL SHE, OSAKA
日程:4月26日
時間:第1部 18:30~20:30 / 第2部 21:00~23:00
場所:ホテルシーオオサカ
住所:大阪府大阪市港区市岡1-2-5
入場料:第1部 4000円(税込) / 第2部 4000円(同)※ほかに宿泊プランを含めたチケットも発売