ニュース

ユナイテッドアローズが7年ぶりに経営理念を改定

 ユナイテッドアローズは4月1日、7年ぶりにグループの経営理念を改定した。グループ中核のユナイテッドアローズが今年10月に創業30周年を迎え、業容の拡大と子会社・関連会社の増加に伴い、グループ従業員数は5000人を超える企業になった。さらなる成長を目指すため、経営理念の表現の見直し、経営基盤の確立を図る。

 新経営理念は、「真心と美意識をこめてお客様の明日を創り、生活文化のスタンダードを創造し続ける」。大切にする価値観を「真心と美意識」と表現し、活動を通して顧客が自分らしい装いを見つける手伝いを積み重ね、世界を豊かなものにしたいという思いを「お客様の明日を創る」に込めた。社是は、これまでの「店はお客様のためにある」から、「すべては御客様のためにある」とし、店舗、ECなど顧客との接点が多様化することを反映し、販売員だけでなく、オフィス勤務者を含む全ての従業員の活動といった意味を持たせた。

 さらに、社会との約束として、これまでの「私たちは5つの価値を創造していきます。」から、「5つの価値創造(お客様価値、従業員価値、取引先様価値、社会価値、株主様価値)」と表現をシンプルにした。

 今回、新経営理念の作成にあたり、店長やリーダーなど現場のスタッフを含めた10人のプロジェクトチームを結成し理念改定のプロジェクトを推進してきた。竹田光広社長執行役員は、年始のインタビューで「創業からの志、根幹は変わらないが、時代に合わせた表現方法に変え、理解浸透を図る。いま一度、『何のために仕事をするのか、何のために存在するのか、どこに向かっているのか』を明確にし、一丸となってまい進する」と語っていた。