ニュース

ルーヴル美術館を独り占め!エアビーアンドビーがモナ・リザと過ごす夜を提供

 民泊事業最大手のエアビーアンドビー(AIRBNB)はルーヴル美術館とコラボレーションし、同館で過ごす1夜を抽選で2名1組に提供する。ルーヴル美術館のピラミッド築30周年を記念する企画で、4月30日に実施。閉館後にゲストを美術史の専門家が迎え、バラク・オバマ(Barack Obama)前米大統領が体験した特別なツアーに案内する。「モナ・リザ」や「ミロのビーナス」など名作を見ながらアペリティフ、続いてナポレオン3世(Napoleon Ⅲ)の居室で演奏会を楽しんだ後に、ピラミッドの下にしつらえた特製ピラミッド型ベッドルームで1夜を過ごすという内容だ。アンヌ・ロール・ベアトリクス(Anne-Laure Beatrix)=ルーヴル美術館副館長は、「エアビーアンドビーとの協業を通じて、より多くの人にアートが身近になり、感銘を与える存在だと感じてもらえるとうれしい」と語った。応募方法は4月12日の23時59分までに、エアビーアンドビーのウェブサイト内の特設ページにアクセスし、「モナ・リザ」のゲストは自分が一番ふさわしい思う理由を投稿すれば完了だ。

 エアビーアンドビーとルーヴル美術館のコラボレーションは年内継続し、少人数限定での来館やコンサートなどの館内のイベントが体験できるプログラム用意する。