ファッション

テーラード回帰の潮流の中、わが道を行くソウルのストリート 2019-20年秋冬ソウル・ファッション・ウイーク

 2019-20年秋冬のソウル・ファッション・ウイークが3月19〜24日に開催された。欧州のファッション・ウイークのオフランウエイではこれまでのストリートブームからクラシックやテーラード回帰の動きが見られたが、ソウルはまだまだストリートとスポーティーなムードが継続のようだ。

 ストリートウエアと比較的合わせやすいテーラードジャケットの着用は見られたものの、やはり目を引くのはストリートやスポーティーなウエアと、それに合わせたネオンカラー。故ザハ・ハディッド(Zaha Hadid)が設計した、ソウル・ファッション・ウイークのメイン会場である東大門デザインプラザのアルミウムとコンクリート調の景観に、ネオンカラーが映える。

 また、ソウルのファッションシーンを代表するインフルエンサーたちも会場に集結した。オレンジヘアで目立っていた双子ガールズは、AMIAYAではなく韓国出身のキュウォン(Qwon)とキュジン(Qjin)。そのほか、韓国カルチャーに魅せられたロシア人モデルのアンジェリーナ・ダニロワ(Angelina Danilova)や、ピンクとブルーのドレッドヘアのファッショニスタ、ナラ・キム(Nara Kim)、いち早くヘアピントレンドを取り入れたモデルのヴェイリー・キム(Vaily Kim)らが来場した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら