ファッション

「ザラ」19年春夏はリゾートムード満開! ドット柄やタイダイにも注目

 「ザラ(ZARA)」の2019年春夏内見会が、プレス関係者やインフルエンサーなどに向けて2月上旬に開催された。ウエア、雑貨共に、ウィメンズでかなり充実していたのがリゾートムードのアイテムだ。ベージュ、エクリュから茶につながるアースカラー中心の色使いと、麻や綿などのラフなタッチの素材がキーとなる。リゾートムードは、「ジーユー(GU)」「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」など、他社SPAやセレクトショップも打ち出しており、19年春夏ウィメンズの本命トレンドとして期待されている。

 アイテムではドレス(ワンピース)が目を引いた。「ドレスはマキシやロングなど、長めの丈が今シーズンは多い」とPR担当者。雑貨は、ウッドビーズやシェル(貝殻)のバッグ、雑材を編んだかごのポシェット、雑材のサンダルなど。ピアスも、さんご風ビーズや色石を使ったフープタイプなどでリゾート感たっぷり。

 柄で目立ったのはドットやタイダイ。他社の提案では今春夏はストライプが多く、もちろん「ザラ」にもストライプはあったが、ドットが豊富だった点は新鮮だ。「18-19年秋冬から、ドット柄は雑誌貸し出しなどで人気だった」という。タイダイの流れから、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」がランウエイで提案していたような、タイダイ風のハイブリーチデニムも充実している。

 雑貨では、引き続きダッドスニーカーの提案がウィメンズ、メンズ共に豊富。新顔は、ダッドソールを取り付けたメンズのローファーだ。ソールが大きいだけにずっしりとした重量感があるが、スニーカーでは透け感のあるリップストップ素材にプリントで色を載せたかなり軽量なタイプも出ていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。