ファッション

パリの出版社が原宿で作品展 荒木経惟、森山大道、ホンマタカシによる出版物が並ぶ

 原宿のアートギャラリー「ザ・マス(The Mass)」は、パリを拠点とする出版社トルーカ・エディションズ(TOLUCA EDITIONS)による作品展「12 TITLES」を2月9日〜3月10日に開催する。同社が発行するアート作品シリーズ「アーティスト・ブック」から12作を展示する。

 「アーティスト・ブック」は、写真家、ライター、デザイナーらが協業して1つの作品を制作するもので、これまでに42作を発表。今回は、写真家のホンマタカシ、ライターのパトリック・ブーヴェ(Patrick Bouve)、佐藤オオキ率いるデザインオフィス「ネンド(NENDO)」がコラボした作品の他、写真家のトーマス・ルフ(Thomas Ruff)、荒木経惟、森山大道らが参画した作品を展示する。出版物の形式で発表される芸術品の総称“アーティストブック”をシリーズ名にそのまま用いているが、従来とは異なるユニークな装丁や外装を取り入れている。

■12 TITLES
日程:2月9日〜3月10日
場所:ザ・マス
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら