ファッション

史上最大の“エア”とフューチャリスティックな見た目が特徴 “エア マックス 720”がついに発売

 昨年9月の発表から発売が待ち望まれていた「ナイキ(NIKE)」の“エア(AIR)”シリーズ最新作にあたる“エア マックス 720(AIR MAX 720)”が、ついに発売を迎える。

 同モデルは、“エア”シリーズ初の試みとしてエアユニットをソールの大部分に搭載。厚さも38mmとシリーズ最厚にすることで、快適な履き心地を実現した。アッパーは流線的なシルエットとデザインになっており、ソールと合わせてフューチャリスティックな雰囲気を漂わせる一足に仕上がっている。

 オリジナルカラーとなるのは全6モデルで、2月中に2モデルずつ3日に分けて販売される。1日に発売されるのは、英語でオーロラを意味するノーザンライツと名付けられた“ノーザン ライツ(ナイト)”と“ノーザン ライツ(デイ)”で、「ナイキ」公式サイトと一部店舗で取り扱われる。21日に発売を迎えるのは、日の出と日の入りから着想した“サンライズ”と“サンセット”で、「ナイキ アプリ(NIKE APP)」と直営店でメンバーシップ会員にのみ販売する。28日は、日食と海をイメージした“トータル エクリプス”と“シー フォレスト”で、「ナイキ」公式サイトと一部店舗で取り扱われる。価格は全て1万8000円。

 なお、先日パリで2019-20年秋冬メンズ・コレクションを披露した「アンダーカバー(UNDERCOVER)」のランウエイでは、早くもコラボ“エア マックス 720”が披露された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら