ファッション

野村訓市率いるトリップスターが「ディッキーズ」とコラボ 12月15日からビームス原宿で先行販売

 国内外の店舗設計や建築ディレクションを手掛けるトリップスター(TRIPSTER)はワークウエアブランド「ディッキーズ(DICKIES)」とのコラボレーションアイテムを発売する。

 今回のコラボアイテムはジャケットとトラウザーズのセットアップで、カラーはそれぞれ黒、ネイビー、茶の3色。サイズはメンズのS~XLを展開する。ワークユニフォームをベースにしたジャケットとトラウザーズは、適度にゆとりをもたせたシルエットとシンプルなフォームが特徴。「ディッキーズ」の基幹ライン“874”のディテールを踏襲しつつ、表地にTCツイルではなくウール素材を使用したり、ディッキーズのロゴをゴールドにアップデートした。ジャケットの裏地にはトリップスターのロゴが付く。価格はジャケットが1万6800円、トラウザーズが1万3500円。12月15日からビームス原宿で先行販売する。

 トリップスターは1999年から辻堂西海岸で海の家スプートニク(SPUTNIK)を企画運営していた小笠原賢門、野村訓市、山田航の3人によって2004年に設立。現在は永田理をチームに加え、案件ごとにプロジェクトチーム編成し、国内外のさまざまな店舗設計及び建築ディレクションを手掛けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら