ファッション

野村訓市率いるトリップスターが「ディッキーズ」とコラボ 12月15日からビームス原宿で先行販売

 国内外の店舗設計や建築ディレクションを手掛けるトリップスター(TRIPSTER)はワークウエアブランド「ディッキーズ(DICKIES)」とのコラボレーションアイテムを発売する。

 今回のコラボアイテムはジャケットとトラウザーズのセットアップで、カラーはそれぞれ黒、ネイビー、茶の3色。サイズはメンズのS~XLを展開する。ワークユニフォームをベースにしたジャケットとトラウザーズは、適度にゆとりをもたせたシルエットとシンプルなフォームが特徴。「ディッキーズ」の基幹ライン“874”のディテールを踏襲しつつ、表地にTCツイルではなくウール素材を使用したり、ディッキーズのロゴをゴールドにアップデートした。ジャケットの裏地にはトリップスターのロゴが付く。価格はジャケットが1万6800円、トラウザーズが1万3500円。12月15日からビームス原宿で先行販売する。

 トリップスターは1999年から辻堂西海岸で海の家スプートニク(SPUTNIK)を企画運営していた小笠原賢門、野村訓市、山田航の3人によって2004年に設立。現在は永田理をチームに加え、案件ごとにプロジェクトチーム編成し、国内外のさまざまな店舗設計及び建築ディレクションを手掛けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。