ファッション

新井貴子や野村訓市がアンバサダーに デザインとアートの祭典「デザイナート」が開幕

 デザインとアートの祭典「デザイナート・トーキョー 2018 (DESIGNART TOKYO 2018 以下、デザイナート)」が10 月19日に開幕した。開幕パーティーを会期中の「アマゾン ファッション ウィーク 東京 (AMAZON FASHION WEEK TOKYO以下、東コレ」と共催で表参道ヒルズでを行った。

 オープニングセレモニーのナビゲーターはハリー杉山で、デザイナート」や「東コレ」それぞれの魅力を語った。アンバサダーであるモデルの新井貴子と野村訓市が登場。新井は「東コレ」メーンビジュアル撮影について、「サルに成りきって、バナナの事ばかり考えていた。パリでショーを行っている日本人デザイナーに『東コレ』に帰ってきて、若いクリエイターに刺激を与えてほしい」とコメント。野村は、パリで憧れだった俳優マット・ディロン(Matte Dillon)と食事をした際のエピソードを交えつつ、「『デザイナート』は東京という街を楽しむイベント。見たら参加するべきもの」と述べた。

 デザイナートは昨年にスタート。10月28日まで、東京の青山や外苑前、六本木など都内各地、約90カ所で展示を行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら