ファッション

アートとデザインの祭典「デザイナート・トーキョー2018」が開催 「カナダグース」や「プチバトー」なども参加

 アートとデザインの祭典「デザイナート・トーキョー2018(DESIGNART TOKYO 2018以下、デザイナート)」が10月19~28日に開催される。「デザイナート」は昨年スタートしたイベントで、表参道や外苑前、六本木など都内各地でアートやデザインの展示が行われる。

 今年のフィーチャー・アーティストはアーティストの藤元明と建築家の永山祐子で、2020年東京オリンピック後の東京をテーマにしたインスタレーション「2021」を南青山のエイベックスビルで行う。外苑前のフランフラン フォレストと六本木のAXISビルでグループエキシビションを開催する他、カナダグース千駄ヶ谷やプチバトーブティック表参道店、ユナイテッドアローズ原宿店などで、アーティストや建築家とコラボした作品を展示。昨年メーン会場だったワールド北青山ビルでは今年、外交関係樹立150周年を迎えたスウェーデンの若手デザイナー29人の作品を紹介する。

 今年の「デザイナート」は、藤本壮介や館鼻則孝、落合陽一などさまざまな分野から数多くのクリエイターが参加。海外からはベサン・ローラ・ウッド(Bethan Laura Wood)やピエール・シャルパン(Pierre Charpin)らが来日する。今、最も注目されるプロダクトデザイナーの一人マイケル・アナスタシアデス(Michael Anastassiades)も来日し、照明ブランド「フロス(FLOS)」や「バング&オルフセン(BANG & OLFSEN)」からの新作を発表する。

 初日の19日には「アマゾン ファッション ウイーク東京」と共催でオープニングイベントを表参道ヒルズで行う他、一夜限りのデザイン&アートツアーを開催。会期中には、90以上ある展示会場の中から10カ所のスタンプを集めて応募すると豪華賞品が当たるスタンプラリーも行う。秋の東京の街歩きには最適のイベントだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら