ニュース

松屋銀座が福袋選考会 平成トレンドスイーツの詰め合わせが最多得票

 松屋銀座本店は31日、2019年新春に売り出す福袋の社内選考会を実施した。1月2日からの初売りでは約400種類、計3万袋を販売し、売り上げは前年比5%増を目指す。選考会は店頭・チラシなどで目玉とする福袋を決めるために、若手社員がアイデアを披露する場として毎年実施している。今回は“平成ドリーム福袋”をテーマに、若手社員たちが「平成30年間を追体験できるような内容」という条件に沿ってオリジナル福袋を考案、プレゼンテーションした。松屋社員ら審査員の投票で、出品23点から上位6点が選ばれた。最高価格は310万円。

 最も票を集めたのは「平成トレンドスイーツ」(2019円)。30年間に流行したさまざまなスイーツを、今をときめく人気料理人が再現する。広尾のイタリア料理店「アンビグラム」の伊沢和明シェフによるティラミス、クレームブリュレ、パンナコッタなどを詰め込んだものと、ベーカリー「メゾンカイザー」の木村周一郎・社長自ら手掛けたカヌレ、クイニーアマン、シナモンロールなどを入れたものの、2種類を用意する。

 その他、安室奈美恵のファッションが大流行したことにちなみ、「ラ・カスタ(LA CASTA)」のシャンプーやヘアマスクなどをセットにした「平成の歌姫のような美髪になる福袋」(2万1600円)や、女性用パンプス30足計45万円相当がそろう、「DA PUMP」のヒットソングをもじった「U(うれしい).S(シューズ).A(集めました).」(3万2400円)などが選ばれた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら