ファッション

新宿御苑で音と光のアートイベント開催 仕掛け人はライゾマティクス

 クリエイターと産官学の垣根を越え、新たな価値創造を目指すカルチャー・ヴィジョン・ジャパンとメディアアートを手掛けるライゾマティクスは、10月12日の18時~21時に東京・新宿御苑で「GYOEN NIGHT ART WALK 新宿御苑 夜歩(よあるき)」と題し、光と音によるインスタレーションイベントを開催する。

 空間演出はライゾマティクスの建築部門ライゾマティクス・アーキテクチャー(RHIZOMATIKS ARCHITECTURE)が担当。総合ディレクターを同社の齋藤精一が務める。園内約2km強のコースには複数の通過型インスタレーションを設置し、光と音で演出する。自然とテクノロジーを融合させた特徴的な見どころは3カ所。スタート地点から少し歩いた場所にある“ワープ(THE WARP)”はワープしたかのような感覚が得られる連続した光の造作。その先の“森の入り口(ENTRANCE OF THE FOREST)”は指向性の強いムービングライトとレーザーで異空間の入り口を表現。その奥には“ザ ディープ フォレスト(THE DEEP FOREST)”と名付けられた光と霧の幻想的な世界が広がる。

 イベント名の「夜歩」には、この体験をきっかけに「歩く」という運動を少しでも楽しんでもらいたいという思いを込めた。他にもパラスポーツの疑似体験ができる車いすレースのVR体験や後藤映則、藤元翔平、RYO KISHIの若手メディア・クリエイター3人によるインスタレーション作品展示なども同時に行う。

 なお、参加費は無料で専用フォームからの事前予約が必要。当日は3000人の来場を予定する。

■GYOEN NIGHT ART WALK 新宿御苑 夜歩(よあるき)
日程:10月12日
時間:18:00〜21:00
場所:新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら