ファッション

新宿御苑で音と光のアートイベント開催 仕掛け人はライゾマティクス

 クリエイターと産官学の垣根を越え、新たな価値創造を目指すカルチャー・ヴィジョン・ジャパンとメディアアートを手掛けるライゾマティクスは、10月12日の18時~21時に東京・新宿御苑で「GYOEN NIGHT ART WALK 新宿御苑 夜歩(よあるき)」と題し、光と音によるインスタレーションイベントを開催する。

 空間演出はライゾマティクスの建築部門ライゾマティクス・アーキテクチャー(RHIZOMATIKS ARCHITECTURE)が担当。総合ディレクターを同社の齋藤精一が務める。園内約2km強のコースには複数の通過型インスタレーションを設置し、光と音で演出する。自然とテクノロジーを融合させた特徴的な見どころは3カ所。スタート地点から少し歩いた場所にある“ワープ(THE WARP)”はワープしたかのような感覚が得られる連続した光の造作。その先の“森の入り口(ENTRANCE OF THE FOREST)”は指向性の強いムービングライトとレーザーで異空間の入り口を表現。その奥には“ザ ディープ フォレスト(THE DEEP FOREST)”と名付けられた光と霧の幻想的な世界が広がる。

 イベント名の「夜歩」には、この体験をきっかけに「歩く」という運動を少しでも楽しんでもらいたいという思いを込めた。他にもパラスポーツの疑似体験ができる車いすレースのVR体験や後藤映則、藤元翔平、RYO KISHIの若手メディア・クリエイター3人によるインスタレーション作品展示なども同時に行う。

 なお、参加費は無料で専用フォームからの事前予約が必要。当日は3000人の来場を予定する。

■GYOEN NIGHT ART WALK 新宿御苑 夜歩(よあるき)
日程:10月12日
時間:18:00〜21:00
場所:新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。