ニュース

バロック運営のパリ発ブランド「アエヴェス」が休止

 バロックジャパンリミテッドが運営する「アエヴェス(AEVES)」が、2018-19年秋冬シーズンをもって休止する。理由について同社は、「デザイナーとの契約が終了したため」としている。

 「アエヴェス」は16年春夏に、パリ在住の元「コムーン(COMMUUN)」デザイナーの古舘郁クリエイティブ・ディレクターを起用。国内ヤングを中心に展開してきた同社が、新しい“本物志向の大人向け”ブランドとしてスタートした。17年春夏には、セレクトショップや百貨店での期間限定ショップを続々オープンし、その後もエストネーションなどで卸中心に販売。同8月には伊勢丹新宿本店2階のアーバンクローゼットに初の常設スペースを設けた。

 バロックはブランドの商標権を持ち、運営を行っていたが、企画・デザインは古舘クリエイティブ・ディレクターが拠点とするパリで続けていた。ブランド立ち上げ前に村井博之・社長は、「欧州は洋服文化の原点なので、研究開発拠点として活用していきたい」と語っていた。バロックの大人ブランドでは、3.1フィリップリム・ジャパン元PRマネジャーの下中美穂子クリエイティブ・ディレクターによる「ハウスコミューン(HOUSE_COMUNNE)」が18年春夏で終了した。

 古舘クリエイティブ・ディレクターは1976年横浜生まれ。98年に文化服装学院を卒業後、ロンドンのセント・マーチン美術大学に留学。2003年の卒業コレクションがイエール国際モードフェスティバルで日本人初受賞。パリに拠点を移し、「アン ヴァレリー アッシュ(ANNE VALERIE HASH)」でキャリアを積んだ後、05年に堀海斗と共に「コムーン」を設立した。ANDAMなど多数受賞した。12年に「コムーン」を休止し、15年から「アエヴェス」を手掛けていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら