ファッション

高島屋日本橋店の家具売り場にVR技術を導入 12部屋の仮想空間

 高島屋日本橋店は、家具売り場に最新のVR技術を駆使した仮想の売り場“タカシマヤ VR インテリア ギャラリー(TAKASHIMAYA VR INTERIOR GALLERY)”をオープンした。百貨店の家具売り場にVR空間が導入されるのは今回が初めてとなる。

 家具売り場は、7月に8階から7階に移設。今回導入したVR空間は、実際に販売している家具やカーテン、じゅうたんなどを再現。「カリモク家具」や「マル二木工」をはじめとする12部屋の仮想空間を用意した。VR技術を導入することで、売り場やパンフレットだけではイメージしきれない家具やインテリアをリアルに体験し、購入につなげる狙いだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら