ファッション

アーバンリサーチの野外フェスが9月に開催 音楽だけでなく衣・食・住・遊が楽しめる

 「アーバンリサーチ ドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)」は9月1〜2日、野外フェスティバル「KNOCKING ON THE DOORS TINY GARDEN FESTIVAL 2018」を、群馬県吾妻郡の無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場で開催する。13年のブランド設立10周年を機にスタートし、今年で6回目となる。

 “小さな庭先で繰り広げられるガーデンパーティー”をコンセプトに、衣・食・住・遊を楽しめる音楽、クラフト、アート、映画、スポーツ、食などさまざまなコンテンツを用意する。出演アーティストは、bonobos、キセル、ミツメ、路地など。また、熱気球や巨大竹ブランコ、ヨガ、タイダイ染め、スポーツバイク、マジックショーなど、子どもから大人まで楽しめるアクティビティーをそろえる。

 入場券と送迎バスがセットになったバスツアーや、テントや寝袋などキャンプ用品のレンタルサービスの他、嬬恋村エリアの宿泊施設から同フェスだけのスペシャル宿泊プランなども登場する。

 また、フェスを記念したTシャツ(メンズ3500円、ウィメンズ3500円、キッズ2500円)やカップ(926円)、タオル(1389円)をフェス会場で販売。「アーバンリサーチ ドアーズ」店頭でも取り扱っている。

◾️KNOCKING ON THE DOORS TINY GARDEN FESTIVAL 2018
日程:9月1〜2日
場所:無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原
入場料:大人 6800円 / 小学生 1500円、前夜祭(8月31日)大人 2500円 / 小学生 1000円

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら