ファッション

ジョルジオ・アルマーニ本人が「A|X」の広告に登場

 ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)が、自身が手掛けるカジュアルライン「A|X アルマーニ エクスチェンジ(A|X ARMANI EXCHANGE)」の2018-19年秋冬のキャンペーンビジュアルに登場した。

 アルマーニ本人がブランドの広告に登場するのは、2013年にフレグランス「オー プール オム(Eau Pour Homme)」と「ジョルジオ アルマーニ」のオーダーメードライン“メイド トゥ メジャー(MADE TO MEASURE)”の広告以来だ。

 アルマーニは、オランダ出身のDJでプロデューサーのマーティン・ギャリックス(Martin Garrix)、中国の俳優で歌手のリー・イーフォン(Li Yifeng)、ローリン・ヒル(Lauryn Hill)の娘でボブ・マーリー(Bob Marley)の孫にあたるセラ・マーリー(Selah Marley)らと共にカメラに収まった。普段はホワイトのデニムパンツで現れることが多いアルマーニだが、今回はいつものホワイトのデニムパンツにVネックTシャツとブラックジャケットを合わせた、若々しくカジュアルなスタイリングだ。

 「同世代に影響力があり、多様な才能をもった3人を起用して、アルマーニの世界観を次の世代に橋渡しする役目として、私自身を登場させることに決めた」とアルマーニは語る。ネオンカラーで彩られた同キャンペーンは、アメリカ人フォトグラファーのビリー・キッド(Billy Kidd)が撮り下ろした。キャンペーンの制作風景を収めた動画も公開している。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら