ファッション

ジョルジオ・アルマーニ本人が「A|X」の広告に登場

 ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)が、自身が手掛けるカジュアルライン「A|X アルマーニ エクスチェンジ(A|X ARMANI EXCHANGE)」の2018-19年秋冬のキャンペーンビジュアルに登場した。

 アルマーニ本人がブランドの広告に登場するのは、2013年にフレグランス「オー プール オム(Eau Pour Homme)」と「ジョルジオ アルマーニ」のオーダーメードライン“メイド トゥ メジャー(MADE TO MEASURE)”の広告以来だ。

 アルマーニは、オランダ出身のDJでプロデューサーのマーティン・ギャリックス(Martin Garrix)、中国の俳優で歌手のリー・イーフォン(Li Yifeng)、ローリン・ヒル(Lauryn Hill)の娘でボブ・マーリー(Bob Marley)の孫にあたるセラ・マーリー(Selah Marley)らと共にカメラに収まった。普段はホワイトのデニムパンツで現れることが多いアルマーニだが、今回はいつものホワイトのデニムパンツにVネックTシャツとブラックジャケットを合わせた、若々しくカジュアルなスタイリングだ。

 「同世代に影響力があり、多様な才能をもった3人を起用して、アルマーニの世界観を次の世代に橋渡しする役目として、私自身を登場させることに決めた」とアルマーニは語る。ネオンカラーで彩られた同キャンペーンは、アメリカ人フォトグラファーのビリー・キッド(Billy Kidd)が撮り下ろした。キャンペーンの制作風景を収めた動画も公開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら