ニュース

レナウンが自分専用の新品スーツをレンタルする“着ルダケ”サービス開始

 レナウン(RENOWN)は、スーツなどのビジネスウエアをレンタルする月額定額制サービス「着ルダケ」を2018年秋冬シーズンから本格始動する。これは、ビジネスウエアの提供からクリーニング、保管、衣替え、引き取りまでを一貫して行うサービスで、最大の特徴は自分専用の新品のビジネスウエアを着用できる点。専用サイトから申し込むだけで、文字通り、面倒なことを自分でする必要がない「着るだけ」のサービスだ。

 同サービスは、春夏・秋冬シーズンごとの半年単位の契約となる。プランは、スーツ2着を提供するスタートアッププラン(月額4800円~)とスーツ3着を提供するエンタープライズプラン(月額5800円~)から選べる。それぞれオプションとしてシャツやネクタイを追加でき、フルセットはエンタープライズプランのスーツ3着+シャツ10枚+ネクタイ5本の月額9800円。半年ごとに商品をクリーニングして、次の衣替え時まで、レナウンで保管する。継続2年ごとに新品商品と交換し、使用分はレナウンで引き取り、中古販売やリサイクルとして利用する他、返品せずに1着1万5000円で買い取ることもできる。

 スーツは16サイズ(Y体、A体、AB体、BB体のそれぞれ4~7号)、5デザインを用意する。現状サイズ補正はパンツの股下のみに限られるが、ウエストにアジャスターを備えたり、豊富なサイズゲージを用意したりすることで、対応していきたい考えだ。また、オプションのシャツも現状S、M、L、LLの4サイズのみだが、ゆくゆくはサイズのバリエーションを増やしサービス拡充を目指す。近年の配送費の高騰もあり、配送回数を減らす代わりに、高品質の商品を提供することで、価格を抑え、サービス全体の満足度を上げたい方針だ。

 また、同時にコンシェルジュサービスも開始する。質問や悩みを問い合わせフォームから連絡すると、レナウンのビジネスウエア部門担当スタッフが直接返答する。

 レナウンの中川智博カスタマーリレーション&コーポレートコミュニケーション統括部統括部長は「スーツの購買が減少傾向にある中で、従来のサービスである“販売”というビジネスモデルのみだけではなく、よりニーズに沿ったサービスの提供を目指したいと考え、所有ではなく利用するサービスを開発した。まず、サービスを体験してもらえれば、途中解約はないだろうという自信を持っている。2年間利用いただくことで、収益性も上げていける」と話した。

 2018年3月からレナウンの取引先など限られた範囲でトライアルを実施したところ、利用者は30代を中心にスタートアッププランの月額4800円コースが人気だったようだ。今後は個人契約と並行して、法人営業も進めていくとし、5年間で利用者1万人以上を目指す。