フォーカス

「グッチ」が大胆な方向転換をした狙い

 ラフ・シモンズが「ディオール(DIOR)」を去り、アルベール・エルバスが「ランバン(LANVIN)」から追われと、有力デザイナーの退任に揺れた2015年のファッション業界だったが、一方で「グッチ(GUCCI)」にはアレッサンドロ・ミケーレという新たなスターデザイナーが誕生した。「グッチ」を傘下に擁するケリングのフランソワ・アンリ・ピノー会長兼最高経営責任者(CEO)が、「グッチ」の大胆な方向転換について語った。

 「まず、マルコ・ビッザーリCEOと、『グッチ』は大胆な変革が必要だと話し合ったんだ」とピノー会長兼CEO。長年「グッチ」をリードしてきたパトリツィオ・ディ・マルコ前社長兼CEOの後任として15年1月1日付で、マルコ・ビッザーリ前ボッテガ・ヴェネタ社長兼CEOを起用した。「商品に関してだけでなく、メゾン全体として新たなアーティスティック・ディレクションと組織の変革が必要だった。大きな変化にはリスクを伴うが、クリエイティブな仕事にリスクはつきものだ」。

 そして、1月9日にはクリエイティブ・ディレクターを務めていたフリーダ・ジャンニーニが突然退任した。15-16年秋冬のメンズおよびウィメンズのコレクションショーを控えながらの、予定よりも1カ月早い退任に業界中が驚いた。そして、同月19日の2015-16年秋冬メンズ・コレクションで、一大方向転換を決行。アンドロジナスでロマンチックな独特の世界観を持ったコレクションは、驚きと称賛を持って迎えられた。そのフィナーレに現れたのが、ミケーレだ。ミケーレは同月21日に正式にクリエイティブ・ディレクターに就任した。

[rel][item title="【レポート】「グッチ」2015-16年秋冬ミラノ イタリアのファッション観を揺るがす大転換" href="https://www.wwdjapan.com/collection/report/gucci/2015-16-fw-milan-collection-4/" img="no"][/rel]

次ページ:クリエイティブ・ディレクター就任の2つの条件とは? ▶

最新号紹介