ファッション

東京ミッドタウンが毎夏好評のイベント開催 今年は縁側でデジタル花火を楽しめる演出も

 六本木の東京ミッドタウンは、7月13日から8月26日まで夏イベント「ミッドタウン ラブズ サマー 2018(MIDTOWN LOVES SUMMER 2018)」を開催する。“日本の夏の涼”をテーマに、花火、足水、風鈴といった夏の風物詩を体験することができる。

 芝生広場には、今年が初開催となるメーンイベント「光と霧のデジタルアート庭園」が登場し、霧に包まれた庭園を縁側に腰掛けて楽しむことができる。また、花火をイメージした色とりどりの光が放たれる演出もある。

 その他にも恒例イベントであるスミノフの限定カクテルやフードを楽しめる「スミノフ ミッドパーク カフェ(SMIRNOFF MIDPARK CAFE)」、小川に素足を浸して夕涼みができる「アシミズ」、風鈴とすだれを掛け合わせたオブジェを展示した「風簾」などを用意する。

 7月23日には、東京ミッドタウンの地下貯水を使用した都会の打ち水体験「六本木打ち水大作戦」も開催される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら