ファッション

女子ソフトボール代表選手を東京モード学園生がヘアメイクで応援

 8月に千葉県で開催される第16回世界女子ソフトボール選手権大会に出場する日本代表選手の新ユニホーム発表会が、4月16日に新宿の東京モード学園で行われた。徳田寛・日本ソフトボール協会会長や宇津木麗華ヘッドコーチの他、上野由岐子ら代表選手17人が出席。選手一人一人がモデルとなり、ファッションショー形式で新ユニホームを発表した。ミズノが製作した新ユニホームのデザインはゴールドを基調とし、ストレッチ性や軽量感などの機能性はもちろん普段着ともコーディネートできるカジュアル感が特徴で、選手たちもさまざまなコーディネートで登場した。

 選手たちのヘアメイクを担当したのは、東京モード学園メイク・ネイル学科の3年生だ。宇津木ヘッドコーチのヘアメイクを担当した真木由書さんは「リーダーとしてのたくましさと大人の女性らしさをナチュラルに表現した」。上野選手を担当したフリック・リサ・ジュリアさんは「日焼けされたクールな顔立ちに合うヘルシーなメイクを心掛けた。私も中学時代にソフトボールを経験した話をした」と感想を話した。徳田会長は「普段は日焼けしたたくましい女性たちだが、今日は美しさもある。ソフトボールをさらに人気のスポーツにしたい」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら