ファッション

東京モード学園生が新宿ミロードでハロウィンを盛り上げる

 東京モード学園は、小田急電鉄が運営する新宿駅直結の商業施設、新宿ミロードとの産学連携プロジェクトとして、同館のハロウィンイベントでグラフィックデザイン学科の学生たちが館内装飾を手掛けた。

 全9フロアに各3基あるエレベータードアは、約140作品の候補から選ばれた27点のデザイン。カボチャ、魔女、バンパイアなどをモチーフにした力作だ。「とにかく今年のハロウィンをおしゃれに楽しくすることを心掛けた」と学生たち。モザイクトンネルのショーウィンドーは、天使と悪魔の羽が描かれた1枚の絵画に。「制作に約1カ月かかった。インスタ映えするデザインを意識した」(学生)。また、インフォメーション横の壁には、1年の日付を目と鼻にデザインした365個のカボチャのステッカーが貼られ、10月13日、中央に設けた額縁にライブペインティングを行った。

 新宿ミロード広報は、「当館の主力であるヤングファッションの店舗の顧客を楽しませるプロジェクトだ。同じ新宿にある東京モード学園と協力できたことは意義深い。館内全体を盛り上げたい」と話した。同プロジェクトは10月31日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら