ファッション

南青山にデニムとウィメンズの「ラシンクリシュリュ」がオープン

 ニンジニアネットワーク(村上忠・社長)は、キャットストリートのデニムブランド「ラシンク(RASHINK)」原宿店を南青山に移転し、ウィメンズブランド「リシュリュ(RE SYU RYU)」との複合店「ラシンクリシュリュ南青山店」を3月2日オープンした。売り場は1、2階の2フロアからなり、合わせて約230平方メートル。原宿店に比べ、ほぼ倍増した。

 1階にレトロでファンタジックな「リシュリュ」、2階にジーンズを主力とする「ラシンク」を並べる。いずれも2018年春夏にリニューアルしたニンジニアネットワークのオリジナルブランドで、メード・イン・ジャパンにこだわる。村上社長は「『リシュリュ』の実店舗は初。それぞれの世界観を持った2ブランドの相乗効果で、移転後の初年度売り上げ5億円を目指す」とコメントした。

 「ラシンク」のジーンズはウエスト10サイズ、レングス7サイズを用意し、140ものシルエットを提供する。メンズとウィメンズでそれぞれ5モデルあり、ラシンクリシュリュ南青山店には計1680型がそろう。同ブランドは梅田のファッションビル、ブリーゼブリーゼにも大阪店を持つが、今年7月の契約満了をもって閉鎖する。今後は南青山店とECに集約する他、「パートナーありき」としながらも卸も始める。

■RASHINK x RE SYU RYU南青山店
リニューアルオープン日:3月2日
時間:11:00〜20:00
定休日:不定休
住所:東京都港区南青山5-3-18

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら