ファッション

南青山にデニムとウィメンズの「ラシンクリシュリュ」がオープン

 ニンジニアネットワーク(村上忠・社長)は、キャットストリートのデニムブランド「ラシンク(RASHINK)」原宿店を南青山に移転し、ウィメンズブランド「リシュリュ(RE SYU RYU)」との複合店「ラシンクリシュリュ南青山店」を3月2日オープンした。売り場は1、2階の2フロアからなり、合わせて約230平方メートル。原宿店に比べ、ほぼ倍増した。

 1階にレトロでファンタジックな「リシュリュ」、2階にジーンズを主力とする「ラシンク」を並べる。いずれも2018年春夏にリニューアルしたニンジニアネットワークのオリジナルブランドで、メード・イン・ジャパンにこだわる。村上社長は「『リシュリュ』の実店舗は初。それぞれの世界観を持った2ブランドの相乗効果で、移転後の初年度売り上げ5億円を目指す」とコメントした。

 「ラシンク」のジーンズはウエスト10サイズ、レングス7サイズを用意し、140ものシルエットを提供する。メンズとウィメンズでそれぞれ5モデルあり、ラシンクリシュリュ南青山店には計1680型がそろう。同ブランドは梅田のファッションビル、ブリーゼブリーゼにも大阪店を持つが、今年7月の契約満了をもって閉鎖する。今後は南青山店とECに集約する他、「パートナーありき」としながらも卸も始める。

■RASHINK x RE SYU RYU南青山店
リニューアルオープン日:3月2日
時間:11:00〜20:00
定休日:不定休
住所:東京都港区南青山5-3-18

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら