ニュース

アローズのビジネス特化ストアが「駅で着て、家で買う」を実施

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS以下、UA)の主力事業、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UA GREEN LABEL RELAXING以下、GLR)から生まれた、ビジネスアイテムに特化したストアブランド「ワークトリップ アウトフィッツ GLR(WORK TRIP OUTFITS GLR以下、WTO)」は、トライアルイベント「スーツ フィッティング ショップ~駅で着て、家で買う~」を開催している。秋葉原駅構内で3日まで行い、1日の試着は125人を目標とする。

 今イベントは試着のみ。気に入ればオンラインストアで購入できるというもの。「WTO」は八重洲の実店舗とECで展開しており、「近隣のワーカーだけでなく、地方、アジア圏の出張者などの利用も多く、前年売り上げ、計画を上回り好調だ。ビジネスアイテムへのニーズは高まっていることから、今回のイベントでブランドの認知力を高めると同時に、ECへの誘導策として行うことにした」と、小林健太GLRメンズPR担当は開催理由を述べる。

 イベントは店頭同様に、シーズントレンドを加味した汎用性のあるデザインや機能性を備えた、メンズ、ウィメンズのビジネスウエアをラインアップ。メンズでスーツ(スタンダードシルエット、スリムシルエット)最大6サイズ、シャツ(スリムフィット、スーパースリム)最大8サイズ、ウィメンズで最大6サイズ、その他メンズでネクタイ、ウィメンズでシューズと豊富な品ぞろえ。試着室はメンズ、ウィメンズ各1室用意する。期間中に試着した人には4月1日までオンラインストアで使用できる10%オフクーポンを、数量限定でオリジナルミネラルウオーターとビッグボールペンをプレゼントする。

 「この試着により自分のサイズを理解できれば、その後はオンラインで購入できるという利便性を体感してもらいたい」という。坂下健二GLRメンズ ファッションディレクターは今後について、「この“箱”はコンパクトに畳むことが可能で今後、さまざまな場所に試着室のポップアップイベントを行っていきたい。第1弾が秋葉原で、21~25日は品川駅構内でも開催を予定する。さらには、実店舗も増やしていきたいと考えており、『WTO』を拡大していく」と意気込む。