フォーカス

人気ブランドから定番、小物まで 「WWDジャパン」スタッフの2017年ベストバイ

 2018年がいよいよ本格始動。コレクションシーズンにも入り、1年のお買い物計画を立てる気の早い人もいるのでは?そんなお買い物計画の一助となるべく「WWDジャパン」「WWD JAPAN.com」に関わるスタッフたちの17年のベストバイをピックアップ。あの人気ブランドのアイテムから、今年も買える定番品、小物まで幅広いラインアップのアイテムを紹介する。

「グッチ」のシルクセットアップ

 昨年は、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)の「グッチ(GUCCI)」が着たくて半年かけてダイエット。目標を達成してすぐに張り切ってこの「グッチ」のセットアップを買いました。ボウタイブラウスとプリーツスカートは無意識に手に取るフェチアイテム。蛇をはじめよく見るといろいろな柄がプリントされていて、絵本を着るみたいな感覚です。(記者C.M)

「サカイ」×「ザ・ノース・フェイス」のロングコート

 「サカイ(SACAI)」と「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」のコラボがどうしても欲しかったのですが、伊勢丹の事前抽選からオンラインショップまで、すべて残敗。「こんなことなら海外サイトで買えばよかった……」と落ち込んでいましたが、好きという思いが伝わったのか!?裏原系のショップで新品定価1点のみ抽選ありとの情報が。その日の朝、当たることしか考えないで向かったら見事当選。諦めない粘り強さって必要だな、としみじみ思った瞬間でした。(販売M.T)

「ザ・サカキ」のスタジャン

 数年前に窪塚洋介さんも着たことで一気に知られるようになった「ザ・サカキ(THE SAKAKI)」の定番アイテム。スタジャンというストリート感のあるアイテムに和の要素が詰め込まれたキレイ目の一品です。4、5年前から毎年買おう買おうと思っていたのですが、なかなかマイサイズが見つからず、買えずにいたところたまたま寄ったショップで発見し、即購入しました。(記者S.I)

「タカヒロミヤシタザソロイスト.」のロンT

 普段は無地の服しか着ませんが、先輩に後押しされていつもとは違う洋服に挑戦しようと購入したのがこの「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」のロンT。初めて会社に着て行った日はかなり恥ずかしかったものの徐々に慣れ、着続けるうちにいい具合に色も落ちてきました。今の季節でも、人の熱気で暑い室内の音楽ライブ鑑賞の際には着用しています。(記者M.E)

「リゾルト」の“710”

 デニムブランド「リゾルト(RESOLUTE)」の定番“710”(細身のストレート)です。日本におけるレプリカジーンズブームをけん引した林芳亨デザイナーの口癖は「たかがジーパンや!」。シンプルでありながら、はいてみて感じるシルエット美や武骨な見た目に反した軽さ、着回しやすさなどで「買った甲斐がある」「されどジーパン!」感がすごいです。(記者K.M)

「バレンシアガ」の“トリプルS”

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のこのスニーカーは、最近値上がりした人気アイテムで入手困難と言われていますが、西武渋谷店で入荷連絡をお願いし値上がり前に何とか購入。イタリア製のものを手に入れましたが、2018年春夏からは中国製になるとかならないとか……。自分のコレクションの中でもかなり重いスニーカーですが、お気に入りです。(営業M.N)

「リベンジ × ストーム」のスニーカー

 「リベンジ × ストーム(REVENGE x STORM)」のスニーカーは入手困難なものらしく、カニエ・ウェスト(Kanye West)も欲しがっている、偽物でも高値がついている、などなどさまざまな噂があります。スニーカーやそういったカルチャーに全く興味がないのにバーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)の中野さんにささやかれて購入。見た目は「ヴァンズ(VANS)」ですが、お値段は3万円超えです……。でも、可愛くて気に入ってます。(営業Y.S)