ファッション

200万円の世界一ラグジュアリー(?)な18金 × ダイヤ製カラビナ

 岡山といえばデニム、福井といえば眼鏡、では山梨といえば?答えは「宝飾」です。かつて水晶が採れたことからその加工技術が発達し、地場産業となりました。が、正直あまり知られていない。山梨出身の記者がいうんですから間違いありません(笑)。

 そんな山梨にベースを置き孤軍奮闘するのが、アクセサリーブランド「アイブイエックスエルシーディーエム(IVXLCDM)」です。今秋10周年を迎える同ブランドが9月1日、六本木ヒルズのウェストウォーク4階に初の直営店をオープンします。

 オープンを記念して製作したのが「ユニフォーム・エクスペリメント(UNIFORM EXPERIMENT)」とコラボした、18金 × ダイヤモンドのカラビナ型キーホルダー。「僕の知る限り、これ以上ラグジュアリーなカラビナはありません!」と「IVXLCDM」のデザイナーで同ブランドを運営するアイブイエックス ジャパン(IVXJAPAN)社長の上島徹也さん。

 とはいえ、ご安心を。シルバー925 × ダイヤモンド(20万円)、ブラス × キュービックジルコニア(3万8000円)バージョンもあります。財布と相談しながら選んでみてください。ちなみに「IVXLCDM」は「ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ(1PIU1UGUALE3)」とコラボしたチャーム、「カズユキ クマガイ(KAZUYUKI KUMAGAI)」とコラボしたリング&バングルも発売します。

 既製品に誕生石をプラスしたり、地金をシルバーからゴールドにアップグレードしたり、店頭でさまざまなカスタムに応えてくれるのもうれしいポイントです。一般的に2号刻みのサイズ展開が多いリングも、「IVXLCDM」では0.5号刻みで対応。痒い所に手が届き、かつ工期が1カ月以内というのも“宝飾の山梨”に拠点を置き、多数の協力工場を擁する「IVXLCDM」ならでは、なのです。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら