ニュース

新時代の“クラウドファンド”型出版ビジネス、幻冬舎がCAMPFIREと共同会社設立

 幻冬舎がクラウドファンディング・プラットフォームを運営するCAMPFIREと共同で新会社エクソダスを立ち上げる。クラウドファンドを活用した新たな出版ビジネスを目指す。設立は1月末を予定し、出資比率はともに50%。見城徹・幻冬舎社長が会長、家入一真CAMPFIRE社長が社長に就任する。

 一般のユーザーをはじめ、フリーライターなどの個人事業主、出版社や編集プロダクションなど、あらゆる人や企業がアイデアを持ち寄り、CAMPFIREが運営するクラウドファンドで資金を集め、幻冬舎のノウハウを活用して出版できるような新しい出版プラットフォームを目指す。

 さらにクラウドファンディングの活用に加え、書籍出版の利益を支援者に還元する “利益還元型出版”や、仮想通貨を利用した出版ビジネスなどに加えて、映像や音楽といった他メディアとの協業など、さまざまな出版ビジネスのあり方を模索する。