ファッション

「エル・エル・ビーン」がスマートウエアを開発 顧客の使用情報をブランドが把握し、商品開発などに応用

 アウトドアブランド「エル・エル・ビーン(L.L.BEAN)」は、スマートテキスタイル企業ルーミア(LOOMIA)と共同でスマートウエアを開発し、同意を得た一部の顧客を対象にテストを行っている。

 同ウエアにはルーミアが開発したタグサイズの小さな機器が埋め込まれる。この機器から、顧客がそのウエアを捨てるまでに何回着用したか、着用した頻度やタイミング、新しいウエアの購入を検討する時期などを計測することができる。ブランド側はこの情報を元に商品開発などを行う。

 「エル・エル・ビーン」のチャド・リーダー(Chad Leeder)=イノベーション・スペシャリストは今回の取り組みについて、「顧客層の傾向からも、どちらかというと新しいことに慎重だった。しかし、『アマゾン(AMAZON)』などの企業と競争するには新しいことに挑戦しなければいけない。また、顧客対応に力を入れる他のブランドに勝つためにも、全く新たな次元のカスタマーサービスを作り上げなければならない」と語った。

 現時点ではテスト期間や規模などの詳細は公表されていないが、テスト対象となった顧客はブランドの熱心なファンの中から選ばれているという。また、情報提供にはプライバシーの問題が浮上するが、ブランドが情報を取得するためにはユーザーが自身のスマートフォンにデータを同期する必要があるという。また、今後仕様変更の可能性はあるが、現時点では、同期するタイミングはユーザーの手に委ねられているという。

 「ユーザーはタグをスキャンすることで情報を送信する。製品情報や使用時間など、送信したい情報をユーザー側が選ぶこともできる。ユーザーが希望しない限り、位置情報は送信されない」とジャネット・リリアーノ(Janett Liriano)=ルーミア最高経営責任者は説明した。

 なお、同機器は多くのウエアラブル機器が抱えるバッテリー問題も解消している。圧電技術を使用することでユーザーの動作から電力を生み出すという。また、ユーザーが毎日同期する必要がないように、プロセッサーセンサー、ストレージも内蔵されている。さらに、データの保護にはイーサリアム(ETHEREUM)というプラットフォームを経由したブロックチェーン技術を使用しており、複雑さに対するユーザー側の不安解消に努めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。