ファッション

土浦に日本最大級のサイクリングリゾート「プレイ アトレ」が来春3月下旬オープン

 アトレは茨城県・JR土浦駅の駅ビル「ペルチ土浦」を日本最大級の体験型のサイクリングリゾート「プレイ アトレ(PLAY ATRE)」に再開発して2018年3月下旬にオープンする。

 土浦駅は霞ヶ浦や筑波山など自然に接する全長180kmのサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」のスタート地点に位置しており「プレイ アトレ」にはシャワーやコインロッカー、レンタサイクル、サイクルショップのほか、タリーズコーヒー(TULLY’S COFFEE)とイタリアの自転車メーカーである「ビアンキ(BIANCHI)」のコラボによる全国初のサイクルカフェを設置する。

 修理やメンテナンス、洗車サービスのコーナーや、サイクリストと地元客の交流ができるコミュニティーゾーンを設ける他、ライドツアーやワークショップ、セミナーなど年間を通じたイベントも行い、自転車に関するあらゆるコンテンツが提供される。

 「プレイ アトレ」は地下1階から地上5階までのビルに入り、3月下旬にオープンするのは地下1階と1階フロアのみ。「ペルチ土浦」から段階的に改築を行い、18年11月には2階と3階北ゾーンに人気飲食店の企画・運営を手掛けるバルニバービが、カフェやレストラン、クッキングスタジオを含む大型店「ステーション ロビー 土浦(STATION LOBBY TSUCHIURA)」を出店。さらに19年5月に2階南ゾーンに茨城の人気ショップを集めたローカルフードマーケット、19年秋以降には3階南ゾーンと4階、5階にはホテル「サイクリング ホテル(CYCLING HOTEL)」がオープンする。

 東京から電車で最短49分の立地で、首都圏からの来客だけでなくアジア・ヨーロッパのサイクリストの集客も見込む。また、地元からの来客や交流を生み出すことで地域の活性化も狙う。

 

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら