ファッション

「木梨サイクル」が「ザ・コンランショップ」とコラボした100台限定の自転車を発売

 とんねるずの木梨憲武の父、木梨作三が東京・祖師ヶ谷大蔵で開く自転車店「木梨サイクル」は11月10日、ホームファニシングショップの「ザ・コンランショップ(THE CONRAN SHOP)」とコラボし、オリジナル自転車を発売する。限定100台で、価格は7万3000円。“プレーン&シンプル&ユースフル(PLAIN & SIMPLE & USEFUL)”をコンセプトに、とことんシンプルにこだわって開発した。

 レトロなアメリカンBMXのスタイルをベースに、全体的にマットなカラーリングで統一。クッション入りのブラウンのグリップや自立可能な“キックスタンド”など、シンプルながら機能的なパーツを組み合わせた、ミニマルなボディーが特徴だ。上品な「ブルックス(BROOKS)」の革サドルは、天然素材で夏でも熱くならず、耐久性も備えている。乗り始めは硬く感じるが、乗り込むほどに味が出る仕様。バスケットの代わりに取り外し可能なウッドボックスをセットし、「木梨サイクル」らしい大人のユーモアと親しみやすさをミックスした。タイヤサイズは20インチで、毎日のカジュアル使いに適したサイズ感。日常でスーパーやコンビニにいくような気軽さと、ヨーロッパの古き良きマルシェに行くような雰囲気を表現した。

 ザ・コンランショップの新宿本店、丸の内店、名古屋店、京都店、福岡店、オンラインショップで取り扱い、オンラインショップでは50台分の事前予約を受け付け中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。