ファッション

「木梨サイクル×伊勢丹」期間限定の帽子屋オープンに500人が行列

 「木梨サイクル」は3月29日、伊勢丹新宿本店メンズ館1階のプロモーションスペースで、ポップアップストアをオープンした。期間は4月11日までで、昨年に続く2度目の出店となる。今回は、15のブランドや企業とコラボし、帽子(各5000円~)のみを販売。昭和を連想させる自動販売機で帽子を販売し、売り場の入り口にはラブホテルのようなビニールののれんとINとOUTの文字。オープニングに登場した木梨憲武は、「キャップはゴルフをする時とかに眩しいからって理由で被るけど、スーツに合わせるのもいいし、もっと自由にコーディネートを楽しんでもらいたい。普段からキャップを被るオヤジたちを増やしたいと思っている。あと、並んでくださっている人を見ると男性が多いけど、是非女性にも被ってもらいたい(笑)」とコメント。売り場の最終チェックを済ませると、“木梨作三”のロゴが入ったキャップを購入し、「オヤジは自分の個展やイベントには全く来ないが、母親に買ってきてくれと頼まれているのでオヤジに持っていく。領収書は『木梨サイクル』で」と取材陣を沸かせる場面もあった。

 スタイリストの大久保篤志は自身のブランド「ザ スタイリストジャパン(THE STYLIST JAPAN)」としてコラボレーションに参加。「ロゴの大きさにこだわった。キャップは1週間分ぐらいバリエーションを持っていたいけど、今回は黒と紺がベースなので、ロゴの刺しゅうをグラデーションにすることでバリエーションを持たせ、スタイリングのポイントになるようデザインした」。帽子の全生産を手掛けた栗原の栗原亮・社長は「オープンを迎えるまで生産が追いつくか心配だった。初回9000個は納品したが、追加生産も決まり対応しているところ。帽子だけでこれだけの人に支持してもらえて、帽子専業メーカーとしては本当にうれしい。ファッションは驚きの延長線上にあるもの。オンラインなど、購入方法の選択肢が多い時代だからこそ、ここで買えば10年後、20年後も思い出に残る」と話した。

 オープン前には、昨年の170人を越す約500人が列を成し、入場整理券が配られた。先頭の男性3人グループは6時半から並んだという。「昨年は2日目になんとか入店できたが、欲しい色のキャップが売り切れていたので、今年は売り切れる前に手に入れたい」と、昨年発売された「木梨サイクル×伊勢丹」のキャップを被りながら話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。