ファッション

5万円と5000円の国産ジーンズをエドウインが発売

 エドウイン(EDWIN)は、原宿の直営店「エドウイン トウキョウ ハラジュク」オープン1周年を記念して5000円と5万円のジーンズを発売する。

 5000円のジーンズは、ミニマルな仕様が特徴の国産ジーンズ“す(素)ジーンズ”。カイハラ製のデニムを使用したレギュラーストレートモデルで、革パッチやバックポケットのステッチ、タブなどの装飾を省いたデザインになっている。「ジーンズ選びにはブランドやディテールなどさまざまなポイントがあるが、この“すジーンズ”を通して本当のジーンズの価値を感じてほしい」という思いを込めた。

 一方5万円の“ビンテージ ストレート”は、限定100本のスペシャルモデルだ。米サリーフォックス農場で収穫した100%オーガニックコットンをピュアインディゴでロープ染色。岡山・井原のデニム生地工場、日本綿布のシャトル織ったセルビッジデニムをエドウイン秋田工場で職人が縫製した。こだわり抜いた生地とつくりが楽しめるジーンズに仕上がっている。

 エドウインは現在も秋田県、青森県で11の工場を運営している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら