ニュース

タレントの紅蘭が自慢の髪を50cmカットし、“ニュー紅蘭”に変身

 美容・調理家電などを製造するテスコム(TESCOM)は11月8日、新商品のヘアドライヤー「ノビー バイ テスコム(NOBBY BY TESCOM)」の商品発表会を開催した。イベントには俳優・草刈正雄の娘でタレントの紅蘭がゲストで登場し、その場で自身のトレードマークであった黒髪のロングヘアを50cmカットし、“ニュー紅蘭”へと変身した。

 今回、紅蘭が髪を切ったのはヘアドネーションのため。ヘアドネーションは寄付によって髪の毛を集め、病気などで髪の毛を失ってしまった子どもたちへ無償で医療用ウイッグをプレゼントするという取り組みで、子ども用医療ウイッグを作るには最低でも31cm以上の髪の毛が必要。2015年12月に女優の柴咲コウが行ったことでメディアに取り上げられるようになったが、まだまだ一般への認知度も高くない。紅蘭は「4年ほど前からヘアドネーションには興味があり、今回もっと多くの人に知ってほしいという思いも込めて髪を切ることを決めた」とコメント。

 髪を50cmカットし、ボブヘアになった紅蘭は「子どもの頃からずっとロングヘアだったので、短い髪になった自分は新鮮。新しい自分になった気がします」と感想を述べた。カット後は、ヘアサロン「ベチカ(vetica)」の内田聡一郎・トップディレクターが新商品の「ノビー バイ テスコム」を使用してスタイリング。サイドパートのかきあげヘアでセクシーに仕上げた。

 新商品「ノビー バイ テスコム」はプロ用に販売されている「ノビー」というブランドの最上位機種を基に一般家庭用に作った製品。“誰でも簡単にプロ同様に仕上げられる”ことを目的に開発された。ラインアップはヘアドライヤー(2種)とストレートアイロン、カールアイロンの4品。11月30日から全国の家電量販店で発売される。