ファッション

「リーバイス」が“501”誕生前のジーンズを復刻

 「リーバイス ビンテージ クロージング(LEVI'S VINTAGE CLOTHING)」は、後に“501”と呼ばれることになる“1880’S XX ウエストオーバーオール”を9年ぶりに復刻した。10月13日から数量・店舗限定で販売している。

 今回の復刻の最大の特徴は、「リーバイス」が所有する最初期(1880年代)の生地であるラン・オブ・ザ・ミル(荒仕上げの生地)を再現している点だ。テネシー州で栽培された天然インディゴで染められた糸が、後処理なし(=荒仕上げ)でデニムに織られている。その手触りは粗野ともいえるもので、130年以上前の開拓者たちに思いをはせることができる。これまでの復刻同様、アメリカの老舗デニム生地メーカー、コーンミルズ(CONE MILLS)とのパートナーシップにより実現した。

 発売されるのはウォッシュとリジッド(未洗い)の2タイプ。特にリジッドタイプは、ポケットスレーキに手書きのシリアルナンバーが入り、デニム好きの収集欲を刺激する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら