ファッション

アディダスが、ビームスやメゾン ド リーファーと別注“キャンパス”を5モデル発売

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は10月、ビームス(BEAMS)、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)、梨花がディレクターを務めるセレクトショップのメゾン ド リーファー(MAISON DE REEFUR)、ベイクルーズが運営するセレクトショップのエディフィス イエナ(EDIFICE / IENA)とコラボした5モデルの“キャンパス(CAMPUS)”を順次販売する。

 ビューティ&ユース ユナイテッドアローズの“キャンパス ビューティ&ユース”は、スエード素材のアッパーにサイドラインが毛足の長いヘアリーレザーとなったモデル(1万4000円)と、レオパード柄のモデル(2万5000円)の2型を7日から販売。同日、エディフィス イエナからはトゥのラバーカップソールが従来よりもすっきりとしたオフホワイトの“キャンパス エディフィス”(1万2000円)が登場する。

 ビームスは、スムースレザーのアッパーにインソールが“ビームスカラー”でお馴染みのオレンジとなった“キャンパス ビームス”(1万2000円)を14日から、メゾン ド リーファーはあえてスエードではなくヌバックをアッパーに使用した“キャンパスメゾン ド リーファー”(1万2000円)を27日から販売する。

 取り扱いは、東京・原宿の旗艦店アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウやアディダス ブランドコア ストアの仙台店、新宿店、渋谷店、名古屋店、広島店および公式オンラインストアの他、全国の各セレクトショップを予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら