ファッション

クラゲと宮沢賢治の幻想世界 清川あさみとすみだ水族館がコラボ

 アーティストの清川あさみがプロデュースした、東京・すみだ水族館の期間限定企画「Fairy tale in Aquarium~水と幻想の世界~」が9月29日にスタートした。宮沢賢治作品で挿絵を手掛けた経験を持つ清川が、「銀河鉄道の夜」「やまなし」「グスコーブドリの伝記」をテーマに、館内を幻想的な世界に染め上げている。

 もっとも大規模なのは、約50mのスロープの壁面にクラゲが浮遊する水槽を埋め込み、壁や天井に約5000枚の鏡を貼り付けた“クラゲ万華鏡トンネル”と、宮沢賢治の代表作品「銀河鉄道の夜」のコラボアートだ。ジョバンニとカムパネルラが銀河鉄道に乗って天の川を渡る様子を、壁面や水槽内に映し出した。清川の煌びやかな作品が壁面や天井の鏡に反射し、歩みを進めるごとに物語が進行していく。

 高さ約7 mの吹き抜けのエントランスには、今回の企画のために制作したオリジナル映像を用意。“クラムボンはわらったよ”のフレーズで有名な「やまなし」の世界観を、ユーモラスなカニの兄弟の動きや柔らかな色彩で表現した。6階クラゲ展示ゾーンには、「グスコーブドリの伝記」から、ブドリとネリが暮らしたイーハトーヴの森を大型クラゲ水槽に投影。色彩豊かな作品と水槽内を浮遊する約200匹のミズクラゲのコラボレーションを間近で見ることができる。

 他、5階のペンギンカフェでは今回の企画に合わせ、銀河を漂うクラゲをイメージしたスイーツプレートやソーダなどの限定スイーツも用意している。

■Fairy tale in Aquarium~水と幻想の世界~
日程: 9月29日~11月19日
時間:9:00~21:00(入場受付は閉館の1時間前まで)
定休日:年中無休
場所:すみだ水族館
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 5・6階
入場料:大人2050円 / 高校生1500円 / 中・小学生1000円 / 幼児(3歳以上) 600円

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら