ニュース

「メゾン キツネ」から初のフレグランス登場 香りのベースは“柚子”

 「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」は9月28日、パリで活躍する調香師のジェームス・ヒーリー(James Heeley)が手掛ける香水ブランド「ヒーリー(HEELEY)」とコラボし、ブランド初となるフレグランス「NOTE de YUZU」を発売する。名前の通り柚子をベースに、日本では馴染み深い柚子風呂を思い起こさせる香りとなっている。価格は50mLが1万4000円、100mLが1万8000円。「メゾン キツネ」の直営店および「ヒーリー」取り扱い店舗で販売する。

 なお、両ブランドは過去にもコラボしており、苔をベースとしたキャンドルを販売していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら