ニュース

「メゾン キツネ」から初のフレグランス登場 香りのベースは“柚子”

 「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」は9月28日、パリで活躍する調香師のジェームス・ヒーリー(James Heeley)が手掛ける香水ブランド「ヒーリー(HEELEY)」とコラボし、ブランド初となるフレグランス「NOTE de YUZU」を発売する。名前の通り柚子をベースに、日本では馴染み深い柚子風呂を思い起こさせる香りとなっている。価格は50mLが1万4000円、100mLが1万8000円。「メゾン キツネ」の直営店および「ヒーリー」取り扱い店舗で販売する。

 なお、両ブランドは過去にもコラボしており、苔をベースとしたキャンドルを販売していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら