ニュース

「メゾン キツネ」から初のフレグランス登場 香りのベースは“柚子”

 「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」は9月28日、パリで活躍する調香師のジェームス・ヒーリー(James Heeley)が手掛ける香水ブランド「ヒーリー(HEELEY)」とコラボし、ブランド初となるフレグランス「NOTE de YUZU」を発売する。名前の通り柚子をベースに、日本では馴染み深い柚子風呂を思い起こさせる香りとなっている。価格は50mLが1万4000円、100mLが1万8000円。「メゾン キツネ」の直営店および「ヒーリー」取り扱い店舗で販売する。

 なお、両ブランドは過去にもコラボしており、苔をベースとしたキャンドルを販売していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら