ファッション

銀座マギー本店が“第二創業”象徴のリニューアル

 銀座マギーの銀座本店が2カ月以上の工事を経て、9月23日にグランドオープンした。1973年の開店以来、初めての大リニューアルだ。

 2フロア、売り場面積約260平方メートルのショップは、ヨーロッパ風の上品さと高級感を深めた内装に生まれ変わった。現在の顧客層より若い40~50代の女性も意識した仕様だ。オリジナルブランド「マギー(MAGGY)」「イネス(IGNES)」を中心に、国内外のセレクト商品、別注商品を販売している。

 2代目の植松伸一・銀座マギー社長は、「昨年の創業60周年を経て、今年は“第二創業の年”と位置づけている。一番店である銀座本店で、当社の理念である“カスタマーハピネス”の手本となるショップとしたい。次世代に向けて、伝統をどう新しく塗りかえていくかが課題だ」と話した。

 現在の店舗数は61で、銀座マギー全体の売上高は約70億円。一番店の銀座本店は、ピーク時の売上高が約8億円だったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。