ファッション

オンワードが福岡支店の土地・建物を61億円で売却

 オンワードホールディングスは18日、福岡・大名に保有する土地・建物を売却すると発表した。オンワード樫山の福岡支店が入る土地・建物で、土地面積2122平方メートル・建物延べ床面積1万3147平方メートル。譲渡価格の約61億5000万円から帳簿価格約の約25億円および譲渡に係る諸経費を控除した固定資産売却益約35億円を2017年3~8月期に計上する。売却先は明らかにしていない。

 福岡支店のビルは築50年以上で老朽化が進んでおり、資産の効率化と財務体質の強化のために譲渡を決めた。同社は昨年秋、大阪・本町で同じくオンワード樫山の大阪支店が入っていた土地・建物を約85億円で売却している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら