ファッション

一夜限りのアートの饗宴 六本木アートナイト詳細決定

 六本木アートナイト実行委員会は、今秋開催する「六本木アートナイト 2017(ROPPONGI ART NIGHT、以下アートナイト)」のプログラム内容を発表した。テーマは“未来ノマツリ”。メーン・アーティストに蜷川実花を迎え、六本木の街全体でさまざまなイベントを繰り広げる。会期は9月30~10月1日。

 蜷川は「東京フォロワーズ(TOKYO FOLLOWERS1)」(仮)というインスタレーションを製作。東洋と西洋のさまざまなモチーフが混ざり合う万華鏡さながらの蜷川の世界観を六本木ヒルズアリーナと東京ミッドタウン、新国立美術館の3会場に展示する。作品はフォトスポットになっており、観客は自由に撮影しSNSへ投稿することで、発信者の役割も果たす。

 六本木の街中の至るところでインスタレーションやパフォーマンスが行われる。名物カフェのアマンドのウインドーには蜷川による鮮やかなビジュアルが登場し、山本洋子によるバルーンアートが六本木交差点にある時計塔を彩る。芋洗い坂の駐車場や地下横断歩道などで映像や写真などの展示が行われる他、蜷川やジンタらムータ、スイッチ総研などによる臨場感あふれるパフォーマンスが六本木各地で行われる。今年はASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年ということもあり、東南アジアのアーティストやゆかりのある日本人アーティストの作品展示やワークショップも開催。

 「アートナイト」では、「街なかミーティング」というプログラムを設け、六本木のさまざまな場所でアーティストと参加者が交流できる場を提供する。蜷川と南條史生アートナイト実行委員長によるトークショーをはじめ、盆踊りやクラシックの生演奏などを行う。「アートナイト」を楽しむガイドツアーも実施し、作品や六本木の街の魅力を伝える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。