ファッション

リアーナのアイコニックなスタイルが靴下に

 リアーナ(Rihanna)がプロデュースする「フェンティ フォー スタンス(FENTY FOR STANCE)」の最新作に、リアーナのアイコニックなスタイルを落とし込んだ靴下コレクションが登場した。「スタンス(STANCE)」はカリフォルニア発のソックスブランドで、過去のコラボレーションでは、芸者にインスパイアされた靴下などもプロデュースしていた。

 “アイコニック ルック”と名付けられたこのコレクションは“リアーナ ミュージックボックス”と“リアーナ アワード ショー”の2種類。“リアーナ ミュージック ボックス”は、ドレーク(DRAKE)がフィーチャリングした「Work」と「Pour It Up」のミュージックビデオからピックアップした、2つのスタイルを落とし込んだ靴下のセットボックスとなっている。

 “リアーナ アワード ショーボックス”は2014年のCFDAアワードで着用した「アダム セルマン(ADAM SELMAN)」のスワロフスキーのドレスと、15年のメットガラで披露し、ネットでピザとコラージュされ話題になった「グオ ペイ(GUO PEI)」のガウンのデザインのソックス、2足が入っている。それぞれのボックスは「スタンス」公式ECサイトで5619円で、日本への配送もしているが、売り切れとなっている。

 なお、「フェンティ プーマ バイ リアーナ(FENTY PUMA BY RIHANNA)」は過去2シーズンはパリでコレクションを発表したが、次のコレクションは9月のニューヨーク・ファッション・ウイークで発表予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら