ファッション

「オーガニック化粧品の日」を記念したナイトフェスが青山で開催

 ネイチャーズウェイは、8月29日の「オーガニック化粧品の日」(日本記念日協会認定)を記念し、オーガニック&ナチュラルをテーマにしたコンセプトストア「ビューティライブラリー(BEAUTY LIBRARY)」青山店で「BEAUTY LIBRARY Organic Night Fes<オーガニックナイトフェス>」を8月26~27日に開催する。

 「ビューティライブラリー」は、図書館をイメージした空間にオーガニックコスメ、パーソナルケア商品などをそろえたセレクトショップ。ストアデザインは、デザインオフィスnendo代表の佐藤オオキが手掛けている。今回開催するオーガニックナイトフェスでは、同店で人気のブランドが集結し、エッセンシャルオイルを使ったバスボム作りや美肌ケア講座など予約・参加費不要の体験イベントを実施する他、フェス限定アイテムの販売を行う。

 出展ブランドは、「バイオラブ(BIOLAB)」「ブラウンシュガーファースト(BROWN SUGER 1ST.)」「アンティームオーガニック(INTIME ORGANIQUE)」「リヨメール(LYOMER)」「エムアイエムシー(MiMC)」「メイドオブオーガニクス(MADE OF ORGANICS)」「ナトハ(natoha)」「ネロリラ ボタニカ(NEROLILA BOTANICA)」「ツイギー(TWIGGY.)」「ユメドリーミン(YUME DREAMING)」「ベジキッチン(VEGE KITCHEN)」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら