ファッション

伊・気鋭ストリートブランドが南青山にストリップ劇場風ショップを作ったワケ

 東京・南青山のT-PLACE内に突如ストリップ劇場を模したショップができた。ショップ名は「ロンリー ハーツ クラブ(LONELY HEARTS CLUB)」。10月末まで開催している、イタリア発のラグジュアリー・ストリート・ブランド「パーム・エンジェルス(PALM ANGELS)」のポップアップストアだ。

 フランチェスコ・ラガッツィ(Francesco Ragazzi)=「パーム・エンジェルス」デザイナーはショップについて「ただ出店するだけではなくて、新しいことがしたかった。店に来て買い物をするだけでなく、来てくれた人の記憶に残るような特別な体験を提供したい」と語る。オープン初日には「ロンリー ハーツ クラブ」のロゴがプリントされたTシャツやパーカなどを数量限定で無料配布し、大行列ができた。また、内装は野村訓市率いるトリップスターと共に企画、制作。赤いベルベットとピンクのカーペットで覆われたショップの中央にはゴールドのポールを設置したステージが設けられている。その他「パーム・エンジェルス」のブランドロゴがスタンプされた紙幣や、「ロンリーハーツクラブ」仕様のスリッパ、ゴルフボールなどが随所に置かれている。

 ポップアップでは2017-18年秋冬シーズンのアイテムに加え、ラガッツィ=デザイナーが集めたビンテージTシャツをカスタムした一点もののTシャツコレクションや灰皿、ショットグラスなどがそろう。その他、日本限定カラーのトラックスーツや、6月にミラノメンズでの2018年春夏コレクションで発表した「スイコック(SUICOKE)」とのコラボサンダルの先行販売を行なっている。「アジア、中でも日本は重要なマーケットだと思っている。そのため18年春夏アイテムの先行販売やエクスクルーシブなアイテムの展開を行っている」とラガッツィ=デザイナー。

 「『パーム・エンジェルス』はストリートから這い上がって来たブランド。“ラグジュアリー・ストリート”と称されることも多いが、ジャンルにとらわれたくはない。他の気鋭ブランドと共に新しいジャンルを確立していきたい」とブランドのこれからを語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。