フォーカス

天才起業家イーロン・マスクの母、69歳インフルエンサーは息子よりインスタに夢中⁉︎

 お年寄りはSNSを使いこなせないって?そんなことはない。ロサンゼルス在住の69歳のモデル、メイ・マスク(Maye Musk)のインスタグラムのフォロワーは約5万人。モデルで栄養士、インフルエンサーであると同時に、映画監督のトスカ(Tosca)、フード・レストラン業界で活躍する起業家のキンバル(Kimbal)、テスラ・モーターズ(TESLA)とスペース エックス(SPACE X)最高責任者(CEO)のイーロン(Elon)の3人の母でもあり、そして祖母でもある。わずか15歳の時にモデルとしてデビューし、50年以上のキャリアの中で今が1番忙しいと語る彼女に、70歳への意気込みと、どのようにインフルエンサーになったのかを聞いた。

WWD:SNSを始めたきっかけは?

メイ・マスク(以下、メイ):SNS自体は以前からやっていたけれど、インスタグラムを始めたのは親友の娘に「インスタグラムを始めないと!モデルはみんなもうやってるよ」と勧められたからです。最初はなぜ私がインスタグラムをやらなきゃいけないのと思っていました。ヘルシーな食事をポストしても反応なし、私がビーチで歩いてる写真も反応なし。いろいろ試しましたが、モデルの仕事の写真をポストしたら、みんな「いいね!」してくれたの。友達や周りの人々に、インスタグラムの使い方から、モデルとしての撮影についても教えてもらいました。フィード全体を美しく見せるために顔写真を載せて、次に体をアップして、モノクロにしたり。それから、同じ撮影の写真をポストしすぎないように。もし「いいね!」が十分つかなかったら、削除するべきですね。こうしたインスタ術を、私は“ポスト(投稿)”ではなく“ボウスト(自慢)”と呼んでいます。実際自分の仕事を自慢しているわけですから(笑)。でも69歳の私でも、インスタグラムで私を探し当ててくれたり、仕事のオファーが来るとうれしいです。

WWD:インスタグラムのアカウント(@mayemusk)を作ったのはいつ?

メイ:2、3年前ですね。

WWD:キャリアをスタートした時と、SNSは何か共通点はある?

メイ:私が15歳のときにモデルを始めた頃は、モデルエージェンシーがほとんどブッキンングをしてくれて、モデル自身に自分をプロデュースをするような力は全くありませんでした。ニューヨークに住んでいた時はレストランに行ったり、出かけたりするとスカウトされることはありましたが、そういう時は名刺をもらって、エージェントに渡していました。モデルエージェンシーに高齢のモデルがいるなんて思ってもみないですよね。

WWD:他の人があなたのキャリアを真似することはできると思う?

メイ:多くの人が「ゴール」や「インスピレーション」とコメントしてくれるので、私のキャリアを真似したい人はいるとは思います。でも、何度もキャスティングで落とされる辛さは覚悟しておかなければいけません。モデルという仕事はそういうものだと受け入れなければいけません。それから、訪れたチャンスのうち、ほとんどを手にしたとしても、25%ぐらいしか手にできなかったとしても、完全に仕事が決まるまで、浮かれすぎないこと。もし浮かれてたとしても、浮かれすぎないこと(笑)。

 私は今でも仕事が決まると浮かれてしまいます。私が20歳の頃は、69歳になるまでモデルを続けるなんて想像もできませんでしたから。もし69歳までモデルの仕事を続けるなんて言ったら、エージェンシーから追い出されていたでしょうね。私のようなキャリアを持った人は、聞いたこともありませんでした。でも28歳になったら、気づいたら結婚していて子どもも3人いる母親、また、その頃活動していた南アフリカのモデルの中では最年長になっていました。生まれはカナダなので、42歳の時にカナダのトロントに戻ったのですが、その時には雑誌の“表紙を務める祖母”でありカナダの最年長モデルになっていました。その後ニューヨークに拠点を移し、同じく祖母である人たちのために立ち上がって活動したかったのですが、「祖母になるにはあなたはグラマラスすぎる」と言われてしまいました(笑)。

あなたにオススメ