ファッション

コンプレッションウエア「トゥータイムズユー」がジャパン社設立

 コンプレッション(圧着)ウエアやランニングウエアを手掛けるオーストラリアのスポーツアパレル企業2XU(トゥータイムズユー)は、3月28日に100%資本で日本現地法人、2XUジャパンを設立し、日本での本格展開を開始した。

 「トゥータイムズユー」は、元トライアスロン選手のジェイミー・ハント(Jamie Hunt)が2005年に立ち上げた。ブランド名の“X”は“倍”を意味し、人の力を2倍にすることをミッションに掲げる。コンプレッションウエアは、スポーツにおけるパフォーマンス向上と筋肉痛の防止、疲労回復などをサポートするウエア。同ブランドの製品は、ロイヤルメルボルン国立工科大学とオーストラリアスポーツ観光省の検査・トレーニング機関による検証で競合他社と比較し、“疲労を最大限に軽減し、パフォーマンスを最大限にサポートする”と保証されている。バスケットボール選手のレブロン・ジェームス(LeBron James)などが好んで使用している他、NBAチームの95%以上とNFLチームの80%以上、MLBチームの65%以上が同ブランドのコンプレッションウエアを購入している。

 6月23日に行われた発表会見で創設者のジェイミーは、「日本の消費者は技術力の高さを理解してくれる。アジア進出を視野に入れた今後のビジネス戦略で、日本はブランドの背景を伝えるための重要なマーケットだ」と説明する。ジャパン社を立ち上げて2カ月で、既に世界チャンピオンや日本代表を含む国内のアスリート50人以上がリピーターになったという。サイクリングやトライアスロンを中心に、今後はランニング、サッカー、バスケットボール、トレーニングにも注力し、販路を広めていく構えだ。20年までに売上高30億円、国内に直営5店舗を出店。さらに18年末までにアジア(香港、台湾、フィリピン、マカオ、インドネシア、タイ)に40店舗の出店を目指す。

 ジャパン社設立前は、フォワード・アパレル・トレーディングが総輸入販売元を務めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら